logo画像

メイン画像

常温で液体の不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸というのは、二重結合を一つ持っている「一価不飽和脂肪酸」と、2つ以上持っている「多価不飽和脂肪酸」に分かれるそうです。
一価不飽和脂肪酸のオレイン酸というのは、オリーブオイルに多く含まれているそうです。コレステロールを下げる作用があるそうです。そして多価不飽和脂肪酸に比べて酸化しにくいという利点があるそうです。地中海料理によく用いられていることでも知られていると思います。

虚血性心疾患の予防などの健康効果が評価されているそうです。
多価不飽和酸脂肪酸は、二重結合の位置によって「αーリノレン酸などのnー3系」というのと、「リノール酸などのnー6系」の2つに分かれるそうです。
どちらも体内で合成されないそうです。食事で摂る必要がある必須脂肪酸だそうです。

αーリノレン酸は、しそ油やアマニ油などに多く含まれているそうです。血中総コレステロール濃度を低下させる作用があるそうです。そして体内の酵素の働きでEPAやDHAがつくられるそうです。
EPA,DHAは魚油に多く含まれるそうですが、これらは血中の中性脂肪を減らして、脂質異常症を予防するそうです。リノール酸はコーン油やひまわり油などの一般的な植物油に含まれているそうです。血中総コレステロール値を下げる作用があるそうですが、取りすぎた場合、HDLコレステロールを下げてしまったり、動脈硬化やアレルギー疾患につながる可能性もあるそうです。

そして体内の酵素の働きでγーリノレン酸、ジホモーγーリノレン酸、ラキドン酸へと変化するそうです。
アラキドン酸というのは体内で十分な量が合成されないということで、必須脂肪酸と考える場合もあるそうです。
油抜きダイエットもよくなさそうです。

2019.12.25/常温で液体の不飽和脂肪酸

サイト制作者

icon

こんにちは!メイと申します😊
最近ケーキの食べ歩きにハマっていて...
すっかりお腹がパンパンに...😇
ダイエットします😔
サイトに関するご意見ご質問はお気軽にどうぞ!
【empire@empirevalleyfarms.com】

TOP